女性獲得のための競争率が高い

出会い系サイトで登録している男女の比率は、圧倒的に男性の方が多く、女性は少ないです。
男性は、それだけ女性獲得のための競争率が高いため、積極的にアプローチしていかなければならず、女性の方はというと、そんな沢山の男性の中から選ぶだけでよいわけですから、これは出会い系サイトを運営している会社にとっては、少しでも多くの女性の登録者を増やしたいところです。
出会い系サイトの中には、広告やキャンペーンを女性向けに変えたりと戦略的な宣伝をして、女性登録者の獲得に努めています。
しかし、だからと言って、大勢の女性が簡単に出会い系サイトで登録してくるわけではありませんので、出会い系サイトでは、”サクラ”の女性も置いておかなければなりません。
これは出会い系サイトだけではなく、その他のアダルト系のサイト(セフレ掲示板やテレフォンセックス系のサイト)などの出会いが絡むありとあらゆるコミュニティサイトに付き物なのです。
“サクラ”とは、華やかに咲いてぱっと散って去ってゆく桜の花に例えての言葉で、その場を華やかに盛り上げてくれる役の女性を指しています。
隠語として「偽客」=「サクラ」と読むほどですから、サクラの女性はあくまでもその場のお飾りでしかありません。
悪徳業者の中には、サクラの女性だけを集めて、出会い系サイトを運営しているところもありますので注意が必要です。
こうした悪徳業者の出会い系サイトでは、男性登録者から料金ばかり請求し、女性との出会いは一切ないようになっています。
ならば、男性登録者は、最初に「あなたはサクラですか?」と女性に確認してから、出会い系サイトを利用できればよいのですが、聞くだけ無駄なお話で、出会い系サイトで女性が「私はサクラです」と名乗ることはありえません。
こうして出会い系サイトでだまされないためにも、登録する前に、最初からサクラの有無についてやサイトの評判について調べておくことが大切になってきます。
では、具体的にどんな行動や言動が“サクラ”なのかというと、「実際に会おうとしない、誘っても上手くはぐらかされる、しかしメール交換などはとても好意あるかの感じで付き合ってくれる」など、要は出会い系サイト内だけのお付き合いなら大変いい感じの場合なら疑ってみてください。
会いたい男性側からすると、苛立ちばかりが募り、しかしお金の支払いは続き、こんな状態ばかりなら退会したいと思うところですが、さらに悪質な業者ともなると、中には、退会にすら応じない悪徳業者もあります。
こうした女性の“サクラ”は、顔も声もわからず、またはっきりとサクラと断定する方法がないため、本当に苛立ちと不安ばかりですが、だまされないためにも、いつも注意しておきましょう。